Category

金属ラジエーターの設計

金属ラジエーターの設計



テレビに使用されているフラット型ヒートシンクの公開バージョンで、添付ファイルのダウンロードリンクは各サイズのヒートシンクの検証済み仕様です。ご希望の場合もしくはカスタマイズする場合はお問い合わせください。


ハイパワーパッシブ放熱ソリューション

利点:ヒートパイプによりアルミフィンの温度をすばやく均等化し、放熱の面積を増やすことで35Wの発熱源をすばやく冷却することができます。これは成熟且つ効果的なプロセス技術です。


中レベルのグラフィックカードの熱放散ソリューションは、ヒートパイプによりアルミフィンの温度をすばやく均等化し大風量の9015ファンを利用することで110ワットの発熱源を急速に冷却することができます。

 


ロープロファイルソリューションには価格パフォーマンスを最適化するという利点があります。ローエンドのグラフィックカードで一般的に使用される効果的なソリューションは大風量の5010ファンを利用することで35Wの発熱源をすばやく冷却することができます。


アルミ押し出しは、金型に高圧をかけて半溶融状態のアルミインゴットの一種で、金型と同じ形状のプロファイルを押し出します。安定した押し出し面は複雑な形状になります。


型押しヒートシンクは、アルミ板を型押しして形成されており、周囲のスペースが限られており、部品を避ける必要がある場合によく使用されます。曲げ加工により、周囲の部品の面積を増やすことができるため、トレードオフの用途に最適です。コストとパフォーマンスの中間。その設計は柔軟であり、CNC方式の使用を回避することができます。


フラットパネルラジエーターは、カットやスタンピングで作られています。スライス形状が薄いため、スペースの高さが限られている場合に有利です。現在、グラフェンスプレーを使用したテレビやネットコム製品の最も重要な設計方法です。アルミニウム押出しと比較して、放射熱放散効果はより明白です。